部位ごとによって黒ずみの原因は違うの? - シミ・黒ずみ予防対策会議

部位ごとによって黒ずみの原因は違うの?

脇の下を気にする女性

お肌にできてしまう黒ずみって本当に嫌なものですよね。
どうしてできてしまうのか、お肌にできる嫌な黒ずみにはそれぞれ原因がありました。
そのお肌の黒ずみの原因についてみていきたいと思います。<>

お肌の黒ずみ起こりやすい部位がある!?

お肌の黒ずみは起こりやすい部位があります。
そして部位別に実は原因が異なるんですね。
黒ずみが起こってしまった原因を知ることによって改善することもできるのです。
原因がわかればその原因をなくすことで改善、またよくしていくことが可能となります。
ではお肌の黒ずみの原因とはいったい何なのでしょうか。
部位別に紹介していきたいと思います。

脇に黒ずみがある!?

特にお肌の黒ずみにおいて起こりやすい部位としては脇があげられます。
脇の黒ずみって目立ってしまいますし、なかなかきれいになってくれないんですよね。
そんな嫌な脇の黒ずみは刺激によって発生しているケースが多いです。
間違った自己処理を続けた結果、その刺激により黒ずみが発生していたり、また制汗剤を使用したり洋服がすれてしまったりして、それが刺激となって起こってしまうケースが多いのです。

ですのでまずはそういった刺激をなくすことが大切です。
特にムダ毛の間違った自己処理の場合ですと、それを続けてしまうと大きなダメージとなってしまいますからまずはムダ毛の間違った処理をしなくてもいいようにする必要があります。
最近では手軽にムダ毛の脱毛をすることができるようになっていますから、脱毛をするという方法がお勧めです。
ムダ毛の脱毛において、脱毛エステサロンなどでの脱毛は比較的リーズナブルな価格で行うことができますね。
それにまたお肌に優しい脱毛方法で脱毛することができます。

他の人には言いにくいデリケートゾーンの黒ずみ

また他の部位のお肌の黒ずみについてですが、デリケートゾーンが黒ずみが起こりやすい部位として挙げられます。
デリケートゾーンや乳首といった他の人には言いづらいような部位の場合は、こちらも下着などのすれによる刺激が原因であることが考えられます。
下着を変えるなどの対策が必要になります。

黒ずみができやすい部位他には?

他にも肘やひざといった部位も黒ずみが起こりやすいです。
肘やひざの場合は摩擦による刺激が原因かと考えられます。
摩擦による刺激ということで、毎日来ている服による摩擦、そしてまた机や床などにこすれて起こる摩擦によって刺激を与えてしまい黒ずみとなってしまうというケースがあります。
また圧力のかかりやすい部位でもありますから、肘をついたりするなどの圧力によって黒ずみが発生するケースがあります。

黒ずみとシミの違いって?黒ずみとシミの治し方はそれぞれ違うの?

違いを考える女性

お肌にできてしまう嫌な黒ずみ、そしてシミがあります。
年齢を感じさせてしまったり、また顔色を悪く見せてしまうというようなデメリットがあります。
ですのでそんな嫌な黒ずみやシミを改善させることが必要なんですが、まず黒ずみとシミって違うものなのでしょうか。
同じもののように感じますが、違いはあるのでしょうか。


シミと黒ずみは違うものなの?

実はシミと黒ずみって同じようなものに見えて別物なんですね。
では違いはなんなのでしょうか。
別物ということで、その違いについてご紹介します。
基本的なメカニズムとしては同じです。
黒ずみとシミの原因としては体のメラニン色素が色素沈着を起こしてしまっているといような状態になります。
そんな色素沈着が黒ずみやシミをお肌の表面に引き起こしてしまっているんですね。

シミと黒ずみは違いはなに?

ですが違いもあるんです。
その違いとしては肌質変化になります。
シミは肌質が変わらず色素だけが変わっているというような状態になりますが、黒ずみが起こっている部位については肌質変化が起こってしまっているのです。
ですので黒ずみが起こっている部位を手で触ってみると肌質が大きく変わってしまっています。
肌質変化を引き起こしてしまっているんですね。
他の部位のお肌と比較するとガサガサして硬くなってしまっているという特徴があるのです。
これは乾燥がひどいということがあげられます。
基本的には同じであるシミと黒ずみについてですが、肌質変化が非常に大きな違いとなっています。
ですので黒ずみの場合はガサガサなお肌になってしまっていますから、しっかりと保湿を行うということも大切になります。

シミと黒ずみ改善するには?

美白ケアだけでシミは改善していくことができますが、黒ずみの場合は美白ケアだけでは十分ではありません。
必ず保湿をしっかりと十分に行っていく必要があります。
ですので直し方としては黒ずみの場合はまずはお肌が硬質化してしまっているので、そのお肌を柔らかくて滑らかな状態に変えるということが非常に大切なこととなるのです。

ですからまずは美白化粧品を使用して美白ケアをするのではなく、まずしっかりとした保湿をするということが大切です。
また硬くなってしまった部分のお肌をとるというピーリングを行うということも重要になります。
ピーリングジェルを使用することでピーリングをすることができます。
そしてピーリングを行った際に注意してほしいこととしては、必ずしっかり保湿をするということになります。
余計に乾燥してしまう原因となりますので、保湿をメインで行いましょう。

黒ずみ・シミをなくすための方法は?

化粧品

お肌にできてしまった嫌な黒ずみやシミですが、なくす方法はあるのでしょうか。
治していくことはできるのでしょうか。

シミや黒ずみのケア方法!

お肌の目立ってしまう嫌な黒ずみやシミはしっかりとケアをしてあげることで治すことができます。
皮膚科に通うという方法もあるのですが、皮膚科に通ったりすることなく改善、治すこともできるんですね。
そして治していくには市販のクリームや市販薬の使用をお勧めします。

シミや黒ずみの原因を知る!

まず治し方として、黒ずみやシミが起こってしまう原因を知り、その原因を取り除くことです。
基本的にはお肌に対する摩擦などによる刺激が大きいことや、また紫外線によってお肌にダメージを受けてしまったことなどがあげられます。
他にも生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどによってお肌のターンオーバーが乱れてしまったことによって起こるというケースもあります。

ですのでまずはそういった原因を取り除いて改善していくということが必要となります。
原因が残っている状態では、いくら市販のクリームや市販薬を使用して改善しようとしても、すぐにまた元に戻ってしまったり新たなシミや黒ずみができてしまう可能性があります。
ですのでまずは原因を取り除くことが大切です。

保湿をしっかり行う!

そしてしっかりと保湿を行うことが大切なのです。
乾燥によって肌トラブルが起きているケースが多く、保湿をすることで改善できるケースが多いです。
ですので市販のクリームや市販薬を使用しましょう。
また保湿効果だけでなく、美白効果のあるものを使用することもお勧めします。
美白効果のあるクリームなどは美白効果のある成分、メラニン色素に対して生成を抑制したり、色素を薄くしてくれるような成分が含まれているのです。
美白効果を謳っているクリームや市販薬はそういった成分が必ず含まれています。
ですので市販のクリームや医薬品を使用しましょう。

シミや黒ずみに効果的な成分をしっかり知る!

また購入する際には成分を確認することも大切です。
中には美白効果やシミや黒ずみに対して効果があるようなことが記載されているにも関わらず、美白効果のある成分が含まれていないなんてケースもあるのです。
ですのでそういった成分について必要となる成分が配合されているかどうかを確認して購入しましょう。

シミや黒ずみに効果的な市販薬はトライアルからスタート

また万が一お肌に合わない成分が含まれている可能性もありますから、とりあえずはトライアルセットなどの購入にしておいて試してみるということが大切です。
お肌に合わなかった場合、悪化させてしまう可能性もあるからです。