黒ずみとシミの違いって?黒ずみとシミの治し方はそれぞれ違うの? - シミ・黒ずみ予防対策会議

シミ・黒ずみ予防対策会議 > 黒ずみとシミの違いって?黒ずみとシミの治し方はそれぞれ違うの?

黒ずみとシミの違いって?黒ずみとシミの治し方はそれぞれ違うの?

お肌にできてしまう嫌な黒ずみ、そしてシミがあります。
年齢を感じさせてしまったり、また顔色を悪く見せてしまうというようなデメリットがあります。
ですのでそんな嫌な黒ずみやシミを改善させることが必要なんですが、まず黒ずみとシミって違うものなのでしょうか。
同じもののように感じますが、違いはあるのでしょうか。

実はシミと黒ずみって同じようなものに見えて別物なんですね。
では違いはなんなのでしょうか。
別物ということで、その違いについてご紹介します。
基本的なメカニズムとしては同じです。
黒ずみとシミの原因としては体のメラニン色素が色素沈着を起こしてしまっているといような状態になります。
そんな色素沈着が黒ずみやシミをお肌の表面に引き起こしてしまっているんですね。

ですが違いもあるんです。
その違いとしては肌質変化になります。
シミは肌質が変わらず色素だけが変わっているというような状態になりますが、黒ずみが起こっている部位については肌質変化が起こってしまっているのです。
ですので黒ずみが起こっている部位を手で触ってみると肌質が大きく変わってしまっています。
肌質変化を引き起こしてしまっているんですね。
他の部位のお肌と比較するとガサガサして硬くなってしまっているという特徴があるのです。
これは乾燥がひどいということがあげられます。
基本的には同じであるシミと黒ずみについてですが、肌質変化が非常に大きな違いとなっています。
ですので黒ずみの場合はガサガサなお肌になってしまっていますから、しっかりと保湿を行うということも大切になります。

美白ケアだけでシミは改善していくことができますが、黒ずみの場合は美白ケアだけでは十分ではありません。
必ず保湿をしっかりと十分に行っていく必要があります。
ですので直し方としては黒ずみの場合はまずはお肌が硬質化してしまっているので、そのお肌を柔らかくて滑らかな状態に変えるということが非常に大切なこととなるのです。

ですからまずは美白化粧品を使用して美白ケアをするのではなく、まずしっかりとした保湿をするということが大切です。
また硬くなってしまった部分のお肌をとるというピーリングを行うということも重要になります。
ピーリングジェルを使用することでピーリングをすることができます。
そしてピーリングを行った際に注意してほしいこととしては、必ずしっかり保湿をするということになります。
余計に乾燥してしまう原因となりますので、保湿をメインで行いましょう。